FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PEASE GO THRUGH




 
頭,混迷中につき、今日の記録は 「COUNFUSED」 により

スルーしていただくようお願いいたします。







スポンサーサイト

今、この時に言っておきたいこと

今、私の中で兼ねてからあった疑問に一つの答えが提示されようとしています。

これは答えではなく、選択肢のうちの一つというものかもしれません。

。。。

私はかつて初めての職業として映像の撮影会社を選びました。

映画とビデオの違いもわからずに。。。

そこの会社には1年半ほどしか居りませんでした。

でもその会社の仕事内容は

当時まだカンボジアでポルポトによる内戦が続いていた時期でもあり

アフガニスタンもソ連の侵攻に反撃を続けている時期でした。

私はまだ技術者としては未熟で

そんな戦闘地域への取材に同行を許されることはありませんでした。

それでも先輩同僚たちは戦地へ赴き、そこそこの?、いえ充分に生死の境をくぐり

撮影をしていたようです。

。。。

ある時、その会社のボスであるカメラマンから質問をされました。

「もし、戦場で死にそうな現地の人を眼前にしたらどうする?」
「もし、自分の肉親の死に直面した時、その死顔を撮影すると思うか?」

私のその時の答えは

その質問を投げかけたカメラマン並び、そこにいた他の関係者とは

全く逆でした。

それは私が20歳の時の出来事です。

ですが、これ以降そこから別の会社へ移っても

私の中で、「あの時の答え」が意味することについて考え続けました。

あれから約四半世紀が過ぎました。

当時の私の答えは

目の前に瀕死の人がいたならば、撮影せずに助ける。

身内の死んでいく姿を撮影してみたい。

というものでした。

それは今も変わっていません。

つまり、私はジャーナリストには不向きなのですね。

。。。

ある時、ベトナム戦争、カンボジア内戦をムービーのカメラマンとして体験した

大先輩で、飲み友だった故人が私に重たい写真集をくださいました。

「レクイエム」というタイトルの、ベトナム、カンボジアで

亡くなったカメラマン達の写真集です。

その写真集の中で紹介されている彼らはどこそこの通信社に籍を置きながら

個人の意思で戦争という惨劇を伝えるメッセンジャーになり、銃弾に倒れました。

その写真集には、平和の中で暮らす人からの賞賛を浴びた写真は一切ありません。

彼らは、沈黙の中でその生も写真も忘れ去られようとしていたのです。

そのことを苦痛に思う同業だった方により、「鎮魂」の意味を込めて出版された写真集です。

。。。

それ以来、ジャーナリストが日本国外の戦闘地域に入り、取材中に銃撃などで死亡した場合

日本国家及び日本国民は、それに対し同情の余地はあるのか?

という疑問符が脳裏から離れませんでした。

ある人が戦闘状態の外国の地域へジャーナリストとして入る限り

身の危険は覚悟のもとであるはずであり、日本国の保護を期待するのは本末転倒ではないのか!?

というのが正直なところ、私の忌憚ない見解なのです。

。。。

そして今回、イスラム教国という道理の通らない組織に、2人の日本人が拉致拘束され

公に処刑宣告と、身代金要求をされている。

現在、巷のニュースでは後入りしたフリーランスジャーナリストの足跡を解明することで

今回の抜き差しならぬ事態に、まるで国民的シンパシーを煽るような報道が

結果的になされている、としか思えないことが残念でならない。

一人は、戦闘要員としてシリアへ入り捕虜になった。

一人はジャーナリストとしての強い自覚の元でシリアへ入り捕虜になった。

そこに国家的人道支援という言葉は当てはめられるのか?

テロリストの交渉には応じないというアメリカは、軍事力による人質解放作戦に失敗している。

この事実によって、アメリカのジャーナリストは国家的支援は全く受けられない

という自覚をしているとのだと思う。

そちらの方が、私には正常なことのように思える。

真実を伝える、という行為はあくまで個人の欲求をどこまで広げるのか

という決断ではないだろうか。

フリージャーナリストとして後入りされた方は、ジャーナリストとしてだけではなく

かつての自分のアドバイスなりが、一人の民間戦闘員の命を危うくさせてしまった

事への責務というようなニュアンスの報道もされている。

果たして、私にはジャーナリストと国家の関連性が正直なところ分からない。

今回、安倍政権が下す結論を興味深く見守りたい。

そして今後、自身の疑問への大きな参考にしたいと考えている。


ずいぶん冷え込むようになりました

いわゆる「年の瀬」という奴が来た。

しかし、marutaはいつも通り。

数日前、クリスティアンの方々にとっては大切な休日が訪れたようだ。

おかげで24、25日と英語のレッスンをしてくれる先生は皆無だった。

それでもmarutaにはいつも通りの日々。

。。。

けれど週末にしか会えなかったエイヒレさんの会社が年末休暇に入り

土曜日から一緒にいる、のだが

エイヒレさんは乳幼児のように突然睡眠に入る。

朝食とも昼食とも取れない食事をとりながら、いきなり「眠くなってきた」

と、途中で寝てしまう!ーーーアンビリバボー・ワールド!!!

寝姿
まったくよく寝るすぐ寝れる。

そう、今週はエイヒレさんといる時間が長いから、空っぽの冷蔵庫を

何かしらで満たしておこうと買い物をした。

寒さが身にしみるようになってきたので鍋でも食べたい。

湯豆腐でもいい。

ところで皆さん、そちらの「湯豆腐」ってどんな風です?

私にとっての湯豆腐とは、土鍋に昆布を一枚敷いて水を注ぎ

食べやすい大きさに切ったお豆腐を入れ”いい感じにぷっくり”してきたところを頂く。

水の代わりに日本酒オンリーでも美味い。

しかし、エイヒレさんの中の湯豆腐は違うのだ。

お豆腐とタラ、それに白菜など。

「それっていわゆる鍋じゃん」と、つい口にしてしまった。

京都の聖護院で湯豆腐食べた時だって、鍋の中にはお豆腐しか入っていなかった、はず。

だが、他の人にも聞いてみると、やはりタラとか、白菜なんかを入れるらしい。

おまけに、お豆腐とタラの比率は同等らしい。

さらにエイヒレさんに突っ込むと、白滝入ってたようなぁ・・・・・

鍋と湯豆腐の差別化はどうしていたのだろう?と疑問を抱かずにはおれない。

。。。

子供の頃のmarutaにとって「湯豆腐」はこの上なく、いや、この上はあったので

かなり魅力のない食べ物だった。
 
けれども、年齢とともに鍋とは違う「湯豆腐の」魅力を解するようになった。

お豆腐の滋味を楽しむお料理なのだ。

何て贅沢なんだろう。。。

。。。

結局のところ、土曜日の午後エイヒレさんと食材の買い出しに行く予定は

エイヒレさんのナルコレプシ的な睡眠により、決行不可となった。

ひとまず、鶏のレバーの生姜煮と

鳥レバーの生姜煮

具沢山のひじき煮

ひじき煮

のみの夕飯となってしまった。

エイヒレさんに言われて、たまたま買い置きのあったレンコンを入れてみた。

歯ごたえがあって美味い。

今日はもう月曜日。それも雨。

温かい鍋が食べられるのはいつになるのだろう。。。。。


追記
この上はあったについて。

この時期必ず思い出すのは大晦日の晩御飯。

何故だかはわからないが

marutaの育った家では大晦日の夜は決まって「すき焼き」であった。

家族はmarutaがお肉を食らべれないことを充分に知っている。

それでも大晦日の夜は皆嬉々としてすき焼きを頬張っていた。

肉の旨味に取り憑かれた人間は、肉親を気遣う心すら見失うのだ

という厳しく辛い真実を、この頃からmarutaは知っていたのだ。

秋の訪れ

髪を切りました。

そんな予定はなかったのだけれど

ちょっと、くさくさする事があって衝動的に。。。

前回美容院に行ったのはもう半年以上前。

それは新宿にあって、なかなか腕のいい美容師さんだったのだけれども

新宿まで行く気力がなかった。

それで我が村にオープンしたばかりのまともな美容院に行ってみる事に。

我が村では、価格競争で、1800円という脅威の値段でカットする美容院が軒を連ねています。

そんなところにいったら、私の頑固で強情な髪は

どんな事に成るのか想像もできません。

。。。それにしても、初めての美容院はほとんど賭けです。

ドキドキしながら椅子に座りわりました。

今回のオーダーも、カットとカラー。

カラーはいつも通りのボルドー色です。

カットが終わって、一旦ブローしてくれた時、「違う!」

これじゃ丸顔の私が余計に丸顔じゃないか!!

と告げました。

では、カラーの後で一度カットを考えましょうという事に成り、それで妥協しました。

この美容師さんの腕はまだ未知数だ・・・

さてカラーに取り組みました。

いつもはマニュキュアでやっていたのですが

今回はいろいろ相談して、軽く髪を明るくしてカラーリングする事に。

こちらの方が、色の持ちが良いそうです。

カラーリングしてる間に

コーヒー、紅茶、お茶のどれがよろしいですか?と聞かれたので

凄く眠かったmarutaはコーヒーを頂きました。

まあ、このコーヒーの美味しいいこと!

酸味がほとんどなくて、苦くて、とっても私好みのコーヒー。

coffee


これにクッキーが三つ付いてきたのですが

甘食が苦手ななmarutaは、手をつけずにいました。

しばらくして、「よろしかったら、このクッキー妻の手作りなんで召し上がって下さい」

などと宣われるので、仕方なくチョコクッキーを一口・・・

な、なんなんだ、このビターなチョコは!!

衝撃的なビターなチョコクッキー。

クッキー

恐れ入りました。

カットの方も、洗髪して、自分で髪をくしゃくしゃしていたら

あら、これでも良いんじゃない?

という事で0Kだし。

カラーリングの方は、もう4時間も座っていた事と眼鏡をかけていなかったので

こんなもんかな、という事で、こちらもOKだししました。

。。。

でもね、帰ってからよく見ると、カラーはボルドーではなく

どうしてもオレンジ系に見えてしまう。

それでその事を美容院に連絡すると、お店に一度来てください、との事。

もう一度カラーリングのやり直しです。

マニュキュアよりはダークめだけれど

美しいボルドー色に染まり、満足満足。

。。。

髪はボルドーですっかり秋色。

外は金木犀がどこからともなく香ってきて、秋の香り。

空はそろそろ鰯雲。

鰯雲


夏は逝ってしまったんですね。

3ヶ月ぶりに病院へ行きました。

それまで、眠剤もなく頓服もなく過ごして来ましたが

昨夜は久々の眠剤で、ぐっすり眠れました。

しかし、みた夢は最悪。

うなされていたようです。

今朝は7時に起きました。

それから、朝ご飯を作り

しばらく、また寝ました。

今日もまた病院です。

私ではなく、相方さんの。

腰痛が酷いらしい。

せっかく昨日の午後来たのに、あいにくの休診日

あゝ、ツイテナイネ…

今日の午前中に行くはずが

まさかの、痔ケツ再発!

何てかわいそうな相方さん…

今は肛門科に来ています。

この後、整形外科です。

oh poor boy❗️

しかし…

肛門科の外来の患者さん同士の会話って

痛々しいというか、痔主の方には冷や汗ものですね。

プロフィール

maruta

Author:maruta
ごきげんよう
東京田舎生活、時々都会。
かつて味わった美味し〜いワインの味を忘れそうで怖い
引きこもり人のつつがない生活の記録。

グロウエフェクトの写真に皆様騙されてくださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。