FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外トイレ事情

私は以前、仕事の関係で海外へ行く事がわりとあった、と思う。

そんな中で、自分の初ボーナスで買った、中古のNikon FE が使いたくて
重たい荷物の中にしのばせては、暇あるごとにチョコチョコ撮っていた。

中には、我々が仕事しているところを誰かが撮ってくれたりもして
その量は結構なものになった。

今は、時たま、一人でワインなぞを飲みながら、ごそごそと引きだしては笑っている。

〜〜ただ、一人だと思い出さないのがトイレの話〜〜

しかし、友人達や元同僚とで話す時
ひとしきり盛り上がるのも、その国その時のトイレの話なのだ。

北の方からいくと、ドイツ。
(スウェーデンで困った記憶がないので、たぶん誰にでも分かりやすい表記だったのだろう)

darmenとherrenでまずつまずいた。

この時は見た事のないアルファベットに、まだ海外経験の浅い私は、
誰かが入るまで待つ事になる。

ダーメン(男性)とヘーレン(女性)と読むらしい。

▲と◯は、ポーランド。

この▲が微妙に曲がったていたりする。

▲が男性で、◯が女性であった。

分かってしまえば、なんて事ないのだが。

その他の欧州のトイレも拝借したが、記憶に残っていない。

キャンプをする場合もあったので、野でする必要もあった。

砂漠だと、行けども行けども、見られてる気がして、
ここで良しとする処を探すのにひと苦労。

砂漠に住む人ってマジで視力が良いから、マジで気が置けない。

もうイイかなぁ?あの山まで行ってみよう・・ときりがないのだ。

トイレットペパーさえあれば全部トイレなのにね。

さて、自慢してしまうが、私は大抵の所では用を済ます事が出来た。
いや、出来るようになったのだ。

大連の、誰か便器に登ってやったんじゃない?
と思わせるようなやたら泥?だらけでビショビショの汚れたトイレ。

更に中国の田舎の方に行って、その風景の美しさとは相反するように、
トイレのハードルはますます際立ったが、
なんとか中腰になってつま先立ちをして用を足した。

長距離の移動の前の排泄は大切至極。
それもビールをおもきり頂いた後ならなおの事、マストアイテム。

面白かったのは、タイ。

すべてとは限らないのだろうが、街中にある飲食店のトイレを拝借した。
そこには、トイレットペパーなるものが存在しなかった。

そのかわり、脇にシャワーが浴びれるようになっていた。
・・・つまり、これで洗い流せという事?

その気になればこれはウォシュレットみたいで快適だった。

でももしかして、自分で使うモノは用意してくのが自然だったのかも・・・

それから、ベトナム。

ホーチミン市から車で約一時間走ったあたりに桃源郷があった。

その村のある豪奢なお宅で、トイレをまた拝借。

「どうぞ」と連れて行かれたのが庭の隅に作った廁。

しかしそれが、ブロック塀とコンクリートの地面になっていた。

「そこでしろ」というのだ。塀の脇でで立って待ってるし・・・

おそらく、脇で待っていたのは、使用後の物をホースかなにかで流すため。

たまたま、その時は小さい方で見栄え的には悪くなかった。

しかし、大きい方をした場合、かなり見栄えが悪い。

それが、あの桃源郷のやり方なのかもしれない。

そしてまた、コンクリートであっただけましだったのかもしれない。

だんだん回数をこなすうちに慣れて来た。
できればいい、と。

ケニア、モロッコの家トイレはそこそこだった。
イスラム圏のトイレは比較的きれいだとコーディネーターが教えてくれた。

移動一日目の夜に地元の人が利用するホテルを使った。
日本と同じスクワット式だ。

薄暗いだけで、清潔だった

私は既に述べたが、臆せずどんなトイレを拝借して来た。

..アルゼンチン、首都から車で大移動のときだった。

その途中、トイレ休憩が入った。
BARである。ホントのトイレ休憩。

私は降りるのが遅くなって、拝借するのが一番最後になった。

異邦人をみる雰囲気の中、同僚達がスイスイ出てくる。

遅れをとってはならないと、急いで廁へ向かった。

そこには、蓋ナシの洋式便器が置いてあった。

室内は、わりと広い。ヌメヌメしているわけでもない。
パンパの国だ。

しかしその時、私の目の前には、超えがたいチョモランマがそびえ立っていた。

そう、便座の淵を突き抜けて、それは聳えたった山を形成していた。

・・・

私、こればかりには、太刀打ちできなかった。

呆然と山を見つめ、そのままそこを後にした。完敗だった。

世界中を旅している人には、まだまだ、
これは・・・!と言うトイレ体験があるのであろう。

しかし、女性の私だけがチョモランマに簡単に破れるとは・・・

これが、私の諸国トイレ体験でした。

お食事中に方には、ごめんね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今夜のお食事:パスタ・ポモドーロとおやつトマト2個とワイン
pasta




スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruta

Author:maruta
ごきげんよう
東京田舎生活、時々都会。
かつて味わった美味し〜いワインの味を忘れそうで怖い
引きこもり人のつつがない生活の記録。

グロウエフェクトの写真に皆様騙されてくださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。