FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憧憬と焦燥

今日は頑張った。

家から駅まで通常20分弱のところを50分かけてたどり着いた。

まるで、苦行のようだった。

それはさておき、今日は病院の日。

高田馬場に着くと、いつも思うのは「流しのタクシーがたくさんいていいな〜」

コッレって現実的にはタクシーも不況の渦から寝け出せない象徴の意図するところ。

それが、ただゾロゾロと巡って来るみたいに、客を乗せられるタクシーはあまり見かけない。

私の住む町には、流しのタクシーがない。

それで、ただかつてを思い、感傷に耽るのだ.勝手に。

引っ越して2年7ヶ月。

外に出てご近所つき合いの余裕もなく、この土地で仕事をしているわけでもない。

だからなのかな、まだ差異を感じる。この街に。

慣れるのに、5年かかったと言う人もいたから、別にいいんだと思う。

たぶん。

なんだかしんみりしてしまった。

お通夜じゃないっ!!

ただ、空でもタクシーが流しで走っている事が羨ましいぃ。

他の車もたくさんあるしぃ。。。。

あ、これって映画「めぐり会う時間たち」(原題:The Houers)
の中のヴァージニアーウルフの感情と似ている。

彼女は統合失調症だったようだ.劇中では。

静養を求められてロンドンの郊外に住みながら、まだ、これまでと同じ生活がしたい。

そこに横たわる病気。越えられない壁。

心の牢獄であった事だろう。

私には、まだ声は聞こえないので、大丈夫。単なる「うつ」です。

統合失調症の良薬はいまだ手探り状態。

見ていると辛いですね。ホントに。

でも薬で治るものなのか??

いったい何を書き綴っているのだろう。

昨夜の不眠と、今朝の強行軍がボディブロウで来ています。

流しのタクシーを見るとどきどきするマルタです。

-------------------------------------------------
今日のインスタント・パスタ・ペペロンチーノ

なんだか最近、得意だったクスクスのスープの作り方を忘れてしまいそうで怖い。
ペペロンチーノとワイン


スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruta

Author:maruta
ごきげんよう
東京田舎生活、時々都会。
かつて味わった美味し〜いワインの味を忘れそうで怖い
引きこもり人のつつがない生活の記録。

グロウエフェクトの写真に皆様騙されてくださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。