FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不安な事

国立精神・神経医療センターと言う長い名前の日本で一番大きく、

この分野では最先端を行く(だったけ?)病院に初診の予約が取れた。

それでも8月15日。まだ先だ。

脚が治ればオボ先生のところに帰っていいみたいなので、うれしい。

この脚で通うのも嫌なものだけど、入院1ヶ月なんて言われたらどうしよう。

1ヶ月ならまだいいいか。

あまり不安を感じないようにして初診当日を迎えよう。

・・・・・・・・・
さて、今日もまたひどい飢餓状態で家に帰り着いた。

まずビールを流し込む。

禁酒は時々お休みするからいいの。

そうするともっと食べたい感が激増する。のでコールスローを作った。

ハムと一緒に食べたらおいしかったよ。

キャベツを刻む過程がなければもっと頻繁に作るのにね。

・・・・・・・・・
私はあまりオリンピックに興味がない。(ご面なさい、人のブログネタ取ってます)

世界陸上の方がまだいいかも。

テニス、ウィンブルドンは格別。ルールよく分からないけど真剣に見てる。

ダイジェストを。だって朝方の中継だから起きてられないもん。

なぜかテニスだけは好きなんだよね。

・・・・・・・・・・
話が飛びます。

今度の大津の事件なんて惨い。

まだ10年とちょっとしか生きていない少年が、明確な自殺を選ぶだなんて。

きっと彼の心は筆舌に尽くしがたい程に疲労していたんだと思う。

話しだすのもおっくうなくらいに。

この問題で一番大事なのは、教職に就いた教師の責任だと思う。

10数年の未熟な青年たちと、ともに過ごし日々の体調や精神状態をつぶさに見る事ができるのは、

教師ではないのか?

教育委員会や警察には、もっとも把握でない事だ

教師の青年たちへの愛情がなければやってはいけないだろう。

それでもこの悲劇が起きたのであれば、何も言うすべもない。

教育委員会や、警察から子供を守る事だって教師の生徒に対する認知とやはり愛情であろう。

あまり考えると私の頭がパニックになるので、このあたりでご勘願います。


サリュ!
スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruta

Author:maruta
ごきげんよう
東京田舎生活、時々都会。
かつて味わった美味し〜いワインの味を忘れそうで怖い
引きこもり人のつつがない生活の記録。

グロウエフェクトの写真に皆様騙されてくださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。