FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臆病風と奇妙な符号

室温29℃。

湿気がなければ快適な温度。

その快適さの中で、またしても惰眠をむさぼってしまった。

実は緊張しているのだ。いや本当に。

新しい病院に、火曜日(31日)9時に行けるかどうか。

駅まで行ってしまえば、一駅の場所。そこから徒歩7分。

大丈夫かなぁ?・・・まるで幼稚園児のようだ。

しかし、場合によっては入院という事も考えられる。

だって私の脚が悪いのは「原因不明」だから。

だから、どこの病院へ行っても、「精神的なもの」と言われてしまう。

それで今回の、国立精神・神経医療センターの受診という事になった。

私としては脚がよくなって、普通に歩けて、自転車にも乗れて、走ったりもできる

ごく普通の脚が欲しい。

その鍵がこの医療センターにある。

・・・

なんだか奇妙な符号がある気がする。

ここに越して来て、高田馬場のオボクリニックには乗り換えなしで行ける。

そして今、萩山という一つ先の駅にある国立精神・神経医療センターへ行こうとしている。

医療センターでの用件が済めば、またオボクリニックに通う事になる。

みんな近場で済んでしまうこの利便さ、ってなに?

まるで、こうなる事が分かっていたかのよう。

私の天敵だった会社の相談役が亡くなり、かわいさ余って憎さ100倍の逆で、

礼を尽くしたくてお通夜と告別式の両方に出た。

通夜の夜、冬だったせいもあり外はとっぷりと暮れていた。

小平という駅で降りた。

サイクリングロードらしい道を同僚3人で歩いた。

散歩にはいいけどこの道を通って通勤したくないな・・・と思った。

そして、私が精神的に破綻して引っ越す事になった。それが、小平。

私のパートナーも、国分寺に住んでいたのに、家を売りマンションを購入することになり

いくつも選択肢があった中で、やはり小平から一つ先の駅に移り住んだ。
(小平って様々な線が走る中継地点)

なぜ、私に関わるものが、こうも近くにあるのだろうか?

単なる気のせい?

かもね。

考えても仕方がない。

まずはとにかく7月31日、火曜日に私の脚が治る事を祈って杖をつきながら行くしかない。

脚、治治ってください。
スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruta

Author:maruta
ごきげんよう
東京田舎生活、時々都会。
かつて味わった美味し〜いワインの味を忘れそうで怖い
引きこもり人のつつがない生活の記録。

グロウエフェクトの写真に皆様騙されてくださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。