FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何から話しましょうか・・・

さて、何から語れば良いのでしょうか。

大泣きした事?

大笑いした事?

。。。

昨夜、marutaは大泣きしました。

あまりにも、作る私の気持ちを分かってくれないので

ついに、ふてくされて大泣きしてしまいました。

このところずっと体調が良くない相方さんがいるので

食事を作ってはみるけれど、ことごとくダメ出しを食らっていた

という事は以前に書きました。

さらに

167cmという彼の身長に対し(疑わしいのでメジャーで測ってみました)

体重は47kg代まで落ちていると聞かされました。

どんなにダメ出しされても、とにかくまともな食事を作らなくては

という使命感がmarutaの心に強く芽生えます。

しかし、食材との兼ね合いもあります。

その夜、チキンとキャベツ、ニラの中華炒めを作りました。

春雨と野菜のスープ付きです。

チキン炒め 春雨スープ またしてもピンアマですみません。

相方さんは少し食べて、「なんか違う」とまた箸を置きました。

私は頭を抱えます。

それほど中華的な味は外していないはず・・・

「味が濃すぎる?」

「「いや・・・」

「でもなんか違う・・・」「・・・豚肉の方がいいんだよね」

そんな事百も承知の助だ!

鮮度的に早く消費しなければなかった鶏肉を使ったのが

そんなに気に入らなかったか!!!
(私はお肉が苦手なんだ! それでもあえてお肉を使った料理しているんだ!!!)

これまでのこともあり、かなり怒り心頭に発して後片付けもせず

夜9時くらいに眠剤を飲み、床のラグの上に一人横になりました。

でも、悔しくて涙があふれてきます。

涙が溢れてきて、嗚咽を漏らしてしまいます。

なぜ私がベッドではなく、ラグの上で一人で横になりおいおい泣いているのか

分けが分からずにいる相方さん。

ゆで卵と錦糸卵を作り、わかめを胡麻醤油で和え、キュウリを刻んでにカニかまを用意し、

後は自分で作って、と置いておいた冷やし中華を茹でて食べようとしています。

「私は要らないから」と横になりながら言うと、悔しくて涙が溢れ出てきます。

泣きじゃくりながら訳を話す私の背中をさすりながら、「ごめんね、ごめんね」

と言ってくれましたが

本当のところ私の気持ちを、少しは理解してくれたのかどうか・・・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

いつも古くからあるシングルのベッドに二人で寝ます。

なかなか寝返りも打てないので、時々ベッドから落っこちるときもあります。

また、それ以外の理由でも

相方さんが、ラグの上で寝ている事も多々あります。

ある日の明けがた、目が覚めると隣に相方さんがいません。

床の方にめをやると、またラグの上で寝ています。

「ベッドにおいで」と声をかけても、熟睡しているらしく反応がありません。

しばらくして、また目が覚め

床の上で寝ている相方さんをみると

今度は、私の家に25年以上前からいる巨大なねこさんと抱き合って寝ているのです。

寒かったのだろうか・・・?

とは思いましたが、しっかりと抱き合って寝ている姿に

目が点に。。。

まったくもって、笑いが止まりませんでした。

その時の写真はありませんが、その後も、ねこさんと抱き合って寝るのが

気持ちよいらしく、他のぬいぐるみも一緒になって寝ています。

添い寝

このあと、彼は、にゃーにゃを「にゃんこ先先」と呼び

くまの「ののちゃん」も含めて、よく抱き合って、何か相談事をしているようです。

カウンセリング要らずの相方さんのようです。。。

添い寝2


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruta

Author:maruta
ごきげんよう
東京田舎生活、時々都会。
かつて味わった美味し〜いワインの味を忘れそうで怖い
引きこもり人のつつがない生活の記録。

グロウエフェクトの写真に皆様騙されてくださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。