FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「この人とは一緒になれない」

付き合いながらそう思った男性がいた。

嫌いなわけでも、飽きたわけでもない。

いわゆる道ならぬ恋、もしくは情事というやつだったけれど

その人がとても好きたっだ。

それでもそう感じてしまったのだ。

でも一度も結婚して欲しいとか、

奥様と別れて欲しいとか思ったことがなかった。

いつも一緒にいたせいもあるかもしれない。

でも、そう感じた後、私は彼に宣言した。

「あなたとはきっとこのままの関係を続けるしかないだろう。

だから、私はあなたとは別れないけどある程度自由に男性と付き合っていく」と。

彼との恋愛には、私を束縛しない自由さがあった。

結局5年付き合った。

今も友人として関係は続いている。

。。。

恋愛ってどういうことなのだろう。

時々思う。

私は本当に恋愛をしたことがあるのだろうか、と。

ひどく寂しく辛い時に手を差し伸べてくれた人に懐く恋慕は恋なのだろうか?

それは恋ではない。

それは依存?

けれど依存と分かっていても、抱き合うことで悲しみや辛さを和らげてくれはしないだろうか・・・

心の傷・空洞・囚われが少し和らぐことはないだろうか。

でもそれは恋ではない。

似たような経験をしたもの同士は、相手の苦しみがよく理解できる。

でもそんな二人は本当に恋に落ちることができるのだろうか?

。。。

こんなことを思うのは

ここのところずっとひどい発作に見舞われているから。

そして一人、慟哭しながら薬を頼りに眠りに落ちることを繰り返しているから。

本当に理解してくれる人の言葉は心に染みこんで痛みを和らげてくれる。

本当に好きな人の気遣いは、ただ放り出されている気持ちになってしまう。

。。。

私は一体どうしてしまったんだろう・・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maruta

Author:maruta
ごきげんよう
東京田舎生活、時々都会。
かつて味わった美味し〜いワインの味を忘れそうで怖い
引きこもり人のつつがない生活の記録。

グロウエフェクトの写真に皆様騙されてくださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。