fc2ブログ

サヴァ?

引きこもりmarutaの日々あれこれ

お家に帰れない!  

もともと眠りの浅いmaruta

眠剤を使っても大抵4時間で目が覚めてしまう。

夜勤のアルバイトを始めてから、帰宅して寝るときは念のため眠剤ではなく導入剤だけにしておく。

以前にも書いたけれど、大抵2時間で目が覚める。

もう一度寝てみても1時間。

毎日そんな状態で夜勤に出ていた。

先週、夜勤の帰り。

いつも酷く眠いけれど寝たりはしなかった。

それが、気付くと乗り換え駅を過ぎて終点駅だった。

その日は訪問看護の日で、9時半に看護師さんがやってくることになっていた。

すぐに引き返す電車に乗った。

乗ったことのない路線だったから、アナウンスの駅名を聞いてもよく分からない。

でも3駅くらい過ぎたところで聞き覚えのある駅名がアナウンスされた。

明らかに家から遠くなってる。

どうも反対方面への電車に乗っていたようだ。

看護師さんに連絡入れておいたが、訪問時間に大きく遅れてしまい

車中でのお薬の受け渡しで終わった。

遅れたのはmaruta方なのに、機嫌が悪かった。

翌日。

仕事中は平気なのに、帰宅の電車の中では前日に輪をかけて睡魔に襲われる。

通勤では2度乗り換えなくてはならない。

帰宅時の最初の乗換駅でどうしても降りられない。

なぜか1、2駅過ぎている。

何度乗り換えしても目的の駅を過ぎている。

ほんの数分眠ってしまうのをコントロールできない。

若き日、同じような経験をしたが、あのときは泥酔していた。

駅員さんに「これが終電ですよ」と声をかけられた。笑

今はもうお酒も飲まないし、本当に疲れてるから、お願い家に帰らせて

そう心の中で嘆願しながら、必死に電車の往復を繰り返した。

ようやっと乗り換えができたが、まだ気は抜けない。

眠ってはいなかった。

ただ意識が飛んでいた。

目は開いているのに何もみていない状態。

ドアが閉まる直前、我に帰った。

・・・・・・・・・・

あと一週間でこの通勤も終わり。

突発的に始めたとはいえ、一人で遠出ができなかったのに

よくこんな遠い場所へ通えたものだと、感心してしまう。

介護のアルバイトも希望は夜勤。

もう帰宅難民はこりごり。

なんとしても近場を勝ち取ろう。


スポンサーサイト



Posted on 00:52 [edit]

category: アルバイト

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kisskissskissya2.blog.fc2.com/tb.php/787-5f183b01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

プロフィール

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード